表彰するためのトロフィーはイメージが大切!

トロフィーは一人しかもらえない

トロフィーなんてそうそうもらえるものじゃありませんよ。トロフィーと聞けば誰もが連想できるほどポピュラーなものですが、トロフィーを持っているという人はなかなかいません。自宅にトロフィーが飾ってあるという人を探すのは結構困難かもしれませんよ。トロフィーって優勝とか一位とかにならないともらえないものだから、その価値というのはとても高いんですよ。優勝するのも一位になるのもたった一人しかいませんからね。

イメージから選ぶトロフィー

皆さんが選ぶトロフィーはどういったイメージになるでしょうか。トロフィーには色々な形がありますよね。例えば、相撲なんかだと大きくて重い優勝カップ型のトロフィーが似合いますよね。タワー型のトロフィーは、クリスタルでできているものなんかもあって女性向かもしれません。トロフィーを選ぶ時には、大会だったりコンテストだったりによく似合うトロフィーを選ばなければなりません。もらった人が首を傾げるとんちんかんなデザインになってしまわないように、気を付けなければいけませんね。

受け取る側に合わせたトロフィー

トロフィーは決して大きな大会でなくてももらえます。幼稚園などでも頑張った賞としてトロフィーを渡す場合がありますよ。低学年の子供に渡すトロフィーなら質素なもので十分でしょう。現役のプロレスラーが勝ち取るようなトロフィーなら、重量感のある派手なトロフィーがお似合いです。トロフィーは主にスポーツでもらうことが多いと思いますが、大会に出場する選手の年齢に合わせてもいいですよ。シニア限定で行うスポーツだってありますからね。

コンクールや賞レースなどでは、コンクール等の名称が記載されたオリジナルのトロフィーが必要となります。