必見!iphoneを水没させてしまった時の応急処置とは?

まずは電源を落として使用を控えてください!

iphone一番の天敵、それは”水分”です。どれだけ気を付けていても、うっかり水に落としてしまうことは誰にだって起こりうることですので、決して他人事ではありません。有事の際にすぐに修理店に駆けつけられれば良いのですが、お店が営業時間外であったり仕事中などですぐに修理を依頼できない状況だということもあるはずですので、そんなときに自分で実施しておくべき応急処置をご紹介します。

まずは、何よりも先に”電源をOFFにして使用は控える”ということです。みなさんご存知の通り、iphoneは精密機器ですので内部には数えきれないほどの電子部品が組み込まれています。水分が入った状態で負荷をかけると最悪の場合ショートしてしまい、無事だった部品も故障してしまう可能性が高まりますので絶対に使用しないようにしましょう。

また、電源が入らないからといって充電するのも絶対にNGです。充電するという行為は、使用するよりも部品をショートさせてしまう危険性がありますので注意してください。

適切な水分除去方法とは?

まずは、目視できる水分を柔らかい布で拭き取ります。このときに気をつけたいのは、内部の水分が出てくるかもしれないからと言って、”絶対に振ったりしない”ということです。たしかに、穴が開いている部分から中に入った水分が出てくる可能性はありますが、振ることでそれまで濡れていなかった部分にまで水分を行き渡らせてしまう可能性があります。そうなってしまうと思わぬ2次災害を自ら引き起こしてしまっているようなものですので揺らさずに風通しの良い場所での自然乾燥を試みた方が無難です。

iPhone修理は、液晶の破損や水没で壊れたiphoneを対象に専門業者が請け負います。修理は専門知識が必要なので、個人では難しいでしょう。